宮城県登米市・豊里コミュニティ推進協議会

豊里にあがらいん
豊里にあがらいん

人・ひと・豊里

豊里の人間国宝第8号


雄勝スレートの名工

佐々木信平さん(保手地区出身・石巻市在住) 

 

今回紹介する『豊里の人間国宝』は、雄勝スレート石盤葺きの熟練工職人・佐々木信平さん。佐々木さんは豊里町保手地区出身で、現在は石巻市にお住まいですが、震災後、東京駅の屋根(天然スレート)を葺いたことで全国、世界に宮城県雄勝石の存在を広めた方です。平成17年には、文化財保護のために欠くことのできない伝統的な技術・技能を持つ名工にのみ国が指定する「国選定保存技術保持者」に認定されましたが、これは全国で60人に満たない貴重な称号です。東京駅以外にも北海道道庁、山形旧県庁(文翔館)など数々の有名建築物の屋根の管理・修復などに携わっておられ、石巻市雄勝町にできた宿泊体験型施設「モリウミアス」(旧桑浜小学校の校舎を改修)の屋根も佐々木さんが手がけました。

 

今年の春の叙勲で「旭日双光章」を受章。いずれは本物の人間国宝に選ばれるような凄い方ですが、温厚で腰が低く、決して自慢はしない、その優しい笑顔と人柄が人を惹きつけます。保手の生家ではギャラリーを開設。石盤づくりの講習会を開催するなど、後継者育成と雄勝スレートを広めるための活動にも力を注いでおられます。昨年は公民館のギャラリーに、佐々木さんが手がけた東京駅の屋根の天然スレート葺きに関する資料を展示していただきました。これからも益々のご活躍をお祈りしております。

佐々木信平さんは、多くのメディアやインターネットなどで取り上げられています。そのホームページの一部のリンクを掲載しますので、お時間あれば是非ご覧になってください。郷土が生んだ素晴らしい名工の功績に、誇らしい気持ちになることと思います。

 

平成28年6月1日発行公民館だより6月号掲載記事より

 

その他参考とした資料、ネット記事

 

赤れんが駅舎「復興のシンボルに」 宮城の石、屋根飾る

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201209270168.html

 

文化財は今/石盤葺の国選定保存技術保持者・佐々木信平さん

http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/08/20160831t13008.htm

 

東北からの声 佐々木信平さんインタビュー動画

https://tohokukaranokoe.org/2014/08/07/sasakishinpei/

 

屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

http://roofstyle.nisc-s.co.jp/article/20160817b.html

 

萬翠荘で宮城県石巻市「雄勝石瓦葺き」の公開実演会開催

http://blog.goo.ne.jp/jr5eek/e/5a12917ad4e472e1aeb6bcbf8b624f17

 

宮城県の指定文化財 石巻市 保持者:佐々木信平

https://www.pref.miyagi.jp/site/sitei/02sekibanbuki.html

 

前田優光メルヘンの世界

http://yukou.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-aec7.html

 


PAGE TOP