宮城県登米市・豊里コミュニティ推進協議会

豊里にあがらいん
豊里にあがらいん

豊里の歴史・文化

あごうづ弁(赤生津弁)


【あ】  方 言 ⇒意 味
あがえん(あがしぇ)食べてください
あがぴこ赤ちゃん
あがめだらすりむいた傷
あがらしぇ奥(上)にあがりなさい・中に入りなさい
あきさか初秋
あぐ
あぐだれ反抗的な態度
あじゃら乱暴・善し悪しの分別がない
あすてらものあんなもの
あずぐ高齢者・病院の介護(世話)する
あだりほどり周囲・そこいらじゅう
あだる食あたり
あつこつおおざっぱ・粗雑なこと
あつこど心配事
あっけらぽんけろっとしている
あったらものもったいない
あっちゃあちらへ・むこうへ・有る
あっぺ有るでしょう
あっぺっとぺつじつまがあわない
あねこ女の子・若い女性
あねつぁんお姉さん(義理の姉など)
あべ(あばしぇ・あばえん)行こう・行きましょう
あべわり具合が悪い
あめっこあめ・飴玉
あめっこ
あらがだおおかた・だいたい
あわぶく
あんこ若者・男の子
あんこもずおしるこ
あんだえ貴方の家
あんたなもの(あすてなもの)あんなもの
あんつぁ
あんべ行きましょう
あんべがあるだろうか
あんぽんたん普通の人間ではない(低能者)
【い】  方 言 ⇒意 味
いいぐえいいあんばい
いいごだ良いこと
いいはもういいよ
えん(いがしぇ)行きなさい
文句を言う
いぎけえり往復
いぎなり急に・突然・思いっきり
いぐね家の廻りの樹木
いげすかね嫌らしい・嫌い
いずい変な感じ・違和感
いずかかずかいつかは
いずくされ意地が強い・負けず嫌い
いずのこまにいつの間に
いだますい惜しいこと・もったいない
いだめ板敷きの床・板の間
いつぱり意地を張る・強情者
いっしょくたに何もかも一緒
いったりかったり突然・勝手な時
いっつもかっつもいつでも・しょっちゅう
いっぷり がんこ・皮肉を言うひと・良いふりをする
いのご股のの付け根にでる腫物
いのうっしょ家の裏
いのめ家の前
いびきずかだり屁理屈をや気難しいことを言う人
いびず型が崩れる
いへぇ位牌
いぼこむすび紐を解けないように結んだ状態
いますつい先ほど
いまずぬそのうち・近いうち
いまべっこもう少し
いものご里いも
いやすこいやしい人・食いしん坊
いんつこ(えんつこ)藁で作った保育器
いんつこ
【う】  方 言 ⇒意 味
うざぬはぐ難儀する・苦労する
うそこぎ嘘を言う
うっしょ後ろ
うったげばったげ交互に・お互いに
うらからするうろうろする
【え】  方 言 ⇒意 味
えずらわり愛想が悪い・意地が悪い
えしぇる反発する・わざと
えらすぐね憎らしい・可愛らしくない
えんどり餅をつくときの相取り
【お】  方 言 ⇒意 味 
おあねつぁん姉・奥様・女将さん
おあんつぁん兄・主人
おいだみかける相手に金品を使わせる
おえとり酒席の相手をする人
大きく育てる・おだてる
おがだ奥さん・女房
おがっつぁんお母さん
大きくなる・おだてられて得意になる
おぐびょうくされ臆病者
おげぇぎお手玉
おごご漬物
おしぎな大根を千切りにしたもの
おしぇんぬずは先日は・この間は
おしょすい恥ずかしい
おしるめ午前中・昼前
おずけぇ案内・お知らせ
おすめおむつ・しめ縄
おだずおかわり・ふざける・はしゃぐ
おだずもっこふざけ者・こっけいな人
おつけみそ汁
おっかがる寄りかかる
おっかねぇ怖い・恐ろしい
おっかねししゃず怖いもの知らず
おっぱずる小枝など折ること
おっぱずまる始まる
おでっていお手伝い
おどげかだり冗談を言う人
おどげでねぇ容易でない・大変なこと
おどでなおととい・一昨日
おねぇどす同じ年の生まれ
おはやがすおはようございます・早いですね
おばんつぁんお婆さん
おばんでがすこんばんは
おふかすお赤飯
おふるめ披露宴・ご祝儀
おぼこ子ども・赤ちゃん
おみょうぬずまた明日・さようなら
おめなすぐものすごく・ひどく
おもしぇおもしろい
おらえ自分の家
おらほ自分たちのほう
おれさま
おんつぁんおじさん
おんなえんおいでください
おんぱるおんぶする
【か】  方 言 ⇒意 味
がえかだり嘘を言う人
かえねぇ(かれねぇ)食べられない
がえんありません
がおった(がおる)疲れた・困った・衰弱する
がが妻・女房・母
かがるいじめる・攻撃する
かぎまめサヤエンドウ
かしぇぐ働く
がしぇこね元気がない・スタミナがない
がすぺあるでしょう
がせこね力がない・体力がない
かたかたぼい網を張り一方からカタカタと音の出る竹を使って追い込む漁法
かだっぱり意地っ張り
かつける罪を人のせいにする
かっきり丁度・ぴったり
かっくす竹などの切り株がとがっているもの
かっこす掻ききすぎて傷をつける
かっこむ急いで食べること・口に食べ物を一杯いれる
かっこねるかき回す
かっつあぐかきむしる・ひっかく
かっつあ草取りの道具
かっつぁめすごはんだけの食事
かっつぁらう盗む・かき集める・さらう
かっつぐ追いぬく
がどれる痩せ衰える
かねぇ食わない
かねぇ食わない
かばねやみ怠け者・仕事や動きたくない人
かぶずく噛みつく
かますかきまわす・藁で編んで作った袋
がめる盗む
からけばずすり鉢
がんかけ断崖
がんくび首から上の頭の部分
がんばこ棺桶
【き】  方 言 ⇒意 味
きいだふりする知ったかぶりをする
来た当初
きかずら(きかずこ)乱暴者・いじめっ子
きしゃきしゃつい落ち着きがない気性・でしゃばり
きしゃまるだめになる・決まる・終わる
きしゃずおから
きずたがりきちがい
きっかげ畑の耕起
きどごろねうたたね
きはすまわる気が利く・気配りがよい
きぴちょ急須
ぎゃらごおたまじゃくし
ぎゃらご
きりごみいかの塩辛
ぎりすび交際上の義理をたてること
きんな昨日
きんぽ耳が聞こえない人
【く】  方 言 ⇒意 味
ぐいら急に・突然
ぐえわり具合が悪い・調子が悪い
くただ梳いた藁の葉の部分
くつはびマムシ
くぴた
くふぉ畦畔
【け】  方 言 ⇒意 味
げぇぎおてだま
げぇぎ
けぇしょねかい性がない
けぇす返し言葉・にくまれ言葉
けぇね身体が弱い・おとる
けっぽり堀などに誤って入ってしまう
けぷて(ゆぷて)煙い
けほず沼や堀をせき止めて水をくみ出し魚を取る
げろっぱおおばこ
げんの(せぇづづ)金づち
【こ】  方 言 ⇒意 味 
こい納屋・作業場
こえぇ疲れた
こぉ来い
こげら魚のウロコ
まるかがむ
ごしっぱらやげる腹が立つ
ごしゃぐ悔しがる・起こる・叱る
ごすもず上棟式に振る舞う祝い餅
こつける発育がわるく小さいこと
こっこ動物などの子ども
こっちゃこ(こっつさこ)こちらへ来なさい
こっぱすい食べ物などのかたいこと
こで(こでこ)虫など刺されないための腕のかばー
こぬぐらすい憎たらしい
こねえだ先日・この間
このげ眉毛
このげ
こばがくせ少々知恵が足りない
こびこげ飯
ごんけ自慢話
ごんどごみ・くず
【さ】  方 言 ⇒意 味 
さがり動物の発情
さぎおどどい3日前
さきた(さっきな)先ほど
さごず(さぐず)米ぬか
さすくさび横から口出しする
さっぱど全部・ことごとく
さはず大きな皿
ざまかれ(ざますかれ)形が悪い・見苦しい・みっともない
さもねたいした事がない
さめ寒い
さめ
されぇかまねかまわない・整理しない
されしゃねまったくしらない
【し】  方 言 ⇒意 味 
しぇだてなせんだって・先日
しぇまこい狭い
しかこ牛乳などの被膜
しからびる干物になる・乾きすぎ
しきしゃぶぎ咳・せき込む
しして一日
しずるからかう・ひやかす
しずね(しずからすね)うるさい
しゃねふり知らないふりをする
しゃねふり
じゃばら水汲み用の水車
じゃばら
しゃますどうしようもない
しゃる離れる・どける
じゃんこおすわり
【す】  方 言 ⇒意 味
すおびき塩鮭
すが水面に薄く張った氷
すかげるからかう・けちをつける
すかす置いていく・連れていかない
はすり氷すべり
すがり
すかんぱな手で鼻を噛む
すぐす家族などを養い世話し、最後を見取り立派に葬ること
すけどしょる年齢よりも老けてみえる
すけねぇ体の調子が悪い
すこたまたくさん・いっぱい
すっかげる(すっかげもっかげ)からかう・邪魔する・ちょっかいを出す
すっぱね履物で裾にはねあがった泥
すっぺさがり眉毛や目尻が下がっている人
すなぴけるしおれて弱る・みずみずしさがなくなる
すぴたれがめつい・けちんぼ
すばれる寒い
ずんけねぇやりがいがない・やりきれない
ずんだ(ずんだもず)枝豆をゆでてすり潰したもの
【せ】  方 言 ⇒意 味
ぜいご田舎・在郷
せずね(せずからすね)うるさい・やかましい
せっしょ(せっふぉ)お風呂
せんこなこの間・先日
【そ】  方 言 ⇒意 味 
そいず(ほれず)それ
ぞうさねさもない・簡単
そすったけそうしたら
そすたなごどそんなつまらないこと
ぞっくら全部・残らず
ぞっしぇ雑炊
そったらものそんなもの
そっぺ薄い板・板の切れ端
そべぇる(そべぇがす)甘える(甘えかす)
【た】  方 言 ⇒意 味 
持ち上げる・物をもつ
たがらもの無能な人・厄介者
たがる脳卒中等の病気になること
たぎだす台所・災害時に食べ物を持ち寄ること
たずくそ(たずくそ結び)間違った結び方
だずんご褒美
たっぺ凍った路面
たばごおやつ(小昼)
だら肥料にする糞尿・元肥え
たれかこく嘘をついて怠ける・ずるく立ち回る
たれかもの怠け者・嘘を言う人
たろしつらら
たんぱら短気
たんぶず田耕す
たんぺつば
だんぽ警察官・巡査
【ち】  方 言 ⇒意 味
ちびっちよ急須
ちゃっこい小さい
ちゃっぽ帽子
ちゃぶでテーブル
ちょす触れる・いじくる
ちょすな触れるな
ちょすこもすこいじくり触れたりして遊ぶ
ちょちょぐる小馬鹿にする
ちょっこりちょっと
ちょぺっと少し・わずか
【つ】  方 言 ⇒意 味
つぎたがり脳卒中で倒れた人
つけすごと口答え
つさっぱずね恥も外聞もない
つたくた忙しく動き回る様
つだす差し出す・渡す
つつかれこ相手を悪く言うとき
つつこ(つこ)おっぱい・母乳
つっかけスリッパ
つっけす口答え
つぴたび小出し・少しずつ
づらこぐ手抜きをする・ずるする
つんぬぎ袖なしの着物
つんのめるつまずいて前に転ぶ
【て】  方 言 ⇒意 味
てあぎ米の収穫期
てあぎ
でぇ奥座敷
てぇほもの嘘つき・無責任者
てそずらすねいたずらしてうるさいこと
てっつぐれぇ手つき
てど手の器用・技量
てはずわり決まりが悪い
でぽでものめずらしいもの・すばらしいもの
てまどり臨時雇い
でんずぐだんずぐ大きさや長さが揃わないこと
てんでんぬ別々に・それぞれに
てんばた
でんびおでこ
【と】  方 言 ⇒意 味
とうずんさん富山の薬屋さん
どうどう牛馬にとまりなさいと言うとき
とくと十分・大変・とっても
とごめぇ床の間
とぜん暇・寂しい
とつけものくじ付きのもの
とつけもの
とっくとよくよく・十分
とっくぬ既に
とっけす棒がけの稲を裏表に変える
とっこどとり世話する・機嫌をとる
どっこどっこ泥んこあそび
とっぱ取り損なう
どっぴびり
とっぺぇる川や堀に落ちる
とっぺぇる
とのぐず玄関・入口
とはず(とはずかだり)冗談・冗談を言う人
どぶろぐ自家製の濁り酒
とみトウモロコシ
とらされどうしようもない者
どんけなす馬鹿者
どんじょ泥鰌
どんじょ
とんのげる通り過ぎる・通り抜ける
どんぶぐ綿入りのはんてん
【な】  方 言 ⇒意 味
なぎめらすぐ泣き出す人・泣きやすい人
なじょすてどのようにして
なすた(なんすた)どうした
なっつぁ悪ふざけ
なでかでどうにか・やっと
なぬばっこも少々・少し
なます大根おろし
なます
なんだりかんだりでたらめ・訳のわからないこと
なんど裏にある奥の部屋
なんぼしゃいくらですか
【ぬ】  方 言 ⇒意 味
ぬおば藁にお
ぬおば
ぬがモミガラ
ぬさ(ぬっしゃ)おまえ・きさま
ぬっぱ乗り遅れる
ぬわがぬ急に・突然に
ぬわばれコメの収穫が終わっての祝いの宴
【ね】  方 言 ⇒意 味
ねぐだら言うことをきかない
ねはつける目がさえて眠れない
ねぷかげ居眠り・うたた寝
ねほれる寝ぼける
ねんねこ子供をおぶったときに上に着る着物
ねんねこ
【の】  方 言 ⇒意 味
のっけがら初めから
のっこり(のっそり)たくさん・山盛り
のっつぉぐうたら・目的もなく遊びあるく
のっぱる言い張る・強引に意見を言う
のごばげ喉に詰まること
のめる倒れる・物事に夢中になる
【は】  方 言 ⇒意 味
ばが瞼に出る腫れ物(ものもらい)
はしぇくさんこかけっこ
はしゃがす乾かす
はだける残らず取り払う・そぎ取る
ばだんきょうプラム
ばっけフキノトウ
はったぎいなご
はったぎ
ばったんめんこ
ばっつこ末っ子
はっとすいとん
はなどり代掻きのとき牛馬の口輪につけた竹竿で誘導する人
はらぴり下痢
ばんかだ夕方
ばんきりしょっちゅう・つねに・いつでも
ばん今晩
はんめぇ食べる米
【ひ】  方 言 ⇒意 味
ひからびる干物になる・乾きすぎる
ひ(し)じゃかぶひざ小僧
びっき
ひとがだけ一回分の食事・一食分
ひょっこら突然・急に
びらびらど早く・急いで
びらりすぐに・さっそく
びんこ(あがびんこ)髪の毛(茶髪)
ひんむぐれる転倒する
【ふ】  方 言 ⇒意 味
ほどく・解体
炬燵などに入る
ふだになる多くなる・増える
ふったうし蛙
ぶんのごど(ぶのごど)後頭部
【へ】  方 言 ⇒意 味
べご(べごっこ)牛(子牛)
へっこ来なさい
べっこすこし
へらずぐおしゃべり
べろ
【ほ】  方 言 ⇒意 味
ほいじょ包丁
ほいど乞食・物貰い
ぼっこれる(ぼっこす)こわれる・こわす
ぼったぐる追いかける・追い払う
ほったでごや基礎等が無い、間に合わせに作った建物
ほったぶ
ほったぶ
ほっつぎあるぐうろつき歩く
ぼっぽら突然・急に
ほでぇね覚えていない
ほでがすそうです・そのとおり
ほでなすろくでなし・わけがわからない
ほぬお稲にお
ほまず小遣い・へそぐり
ぼわれる追われる
ぼん
ぼんこうんち・大便
【ま】  方 言 ⇒意 味
まえ(まやう)弁償する
まぐれる気絶する・気を失う
まじゃれ(まじゃる)交わる・交流・仲間に入る
まなぐ
まぶ傾斜のきついのり面
まめごきな粉
まんがん水田の代掻き用農具で牛馬などで引くもの
まんがん
まんくそ馬の糞
まんまご飯・食事
【む】  方 言 ⇒意 味
むぐすお漏らし
むぐれる転倒する・いじける
むごっつね(もごっつね)むこうずね(弁慶の泣き所)
むごっつね
むずる人見知り・子ども等が泣く
むつけるすねる・いじける
むんから麦わら
【め】  方 言 ⇒意 味
めくせぇ見苦しい・人相が悪い
めっちゃ目ヤニで目がただれている
めっちゃ
めちゃこい小さい
めのっこビー玉
めほ目ヤニ
【も】  方 言 ⇒意 味
もうす店に入る時にいう言葉(あいさつ言葉)
もじゃぐるもみくしゃにする・からませる
もじゃっぱねぇなりふりかまわず・乱暴
もずくさヨモギ
もぞっこいかわいそう・気の毒
もっきりコップ酒
もっこ物(土や堆肥)を運ぶ道具
ももしぎズボン下
ももしぎ
【や】  方 言 ⇒意 味
やぎみすおにぎり(味噌をつけたもの)
やっさらたびたび・しょっちゅう
やっしゃねいてもたってもいられない・やるせない
やのあさって明々後日
やばつい濡れて気持ちが悪い・嫌なこと
やまがっこうずる休み
やまものがみ自分の妻のこと
やろこ男の子
やわだ弱々しい
やんべくしぇいい加減
【ゆ】  方 言 ⇒意 味 
ゆいなす受けた他人の労力のお返しの労力
ゆうごどきかず素直に話しを聞きいれない
ゆべかだ昨夕
ゆぎはれ雪払い・雪かき
ゆぎはれ
ゆすぐすすぐ
ゆつける結びつける
ゆぶす燻す
ゆぷてぇ煙たい
ゆるぐねぇ楽でない・きつい
【よ】  方 言 ⇒意 味
よあがす徹夜
よえる物を集める
よござ主人の座る場所
よごもり前夜祭の催し物
よごみ生ごみ
よさっぱり夜更かし
よっぴて夜更かし・一晩中
よのめ魚の目
よめぇこど小言・不平・文句
よめご花嫁
よめご
よりぎ(え)集会・会合
よわり夜なべ・夜の作業
【ら】  方 言 ⇒意 味
らずもねぇものすごい・とんでもない
らっつぁねぇだらしない・乱雑
【る】  方 言 ⇒意 味
るっしぇ留守番
【ろ】  方 言 ⇒意 味
ろくしゃく死人の棺を担ぐ人
ろくでなす横暴な人・横着
ろず庭・路地
【わ】  方 言 ⇒意 味
わげしたず若者たち
わげなす分別のない人
わさくさて動作がのろいこと
わっしゃ(わっさ)いたずら・わるさ
わっぱが早々に・急いで・予定より早く終わる
わねがす(わねげす)けなす
わらす子供
【ん】  方 言 ⇒意 味
んだそうだ
んだがらそうだから
んでねぇ(ほでねぇ)そうではない・それでは
んでまず(ほでまず) それでは

この方言集は「加々巻老人クラブ友寿会」の皆さんが、郷土の方言伝承に少しでも役立てたいと、平成12年1月に編集・発刊されたものを引用させて頂きました。


PAGE TOP